眼科でドライアイを治療する場合、次の2つが主に行われるでしょう。 ・点眼による治療 ・涙点プラグによる治療 ドライアイの治療としてよく使用されるのが、点眼です。 点眼によって目の乾燥を予防したり、目の乾きで起こる炎症を抑制します。 症状が重くない場合には、点眼による治療だけで改善することができるはずです。 症状が重い場合、涙点プラグを使用した治療を行います。 涙点プラグとはシリコン製の栓(プラグ)を涙点に挿入し、涙点を塞ぐという治療法です。 こうすることによって、分泌された涙をそのまま維持でき、目の乾きを防ぐことができます。 ドライアイに対して行われる治療方法は主にこの2つで、残念ながら完全に治す治療方法は未だ見つかっていません。 そのため、ドライアイになった場合は、その症状と一生付き合っていくことになります。 命に関わるような重大な病気ではありませんが、日常生活に支障をきたす可能性もあるので、できる限りならないに越したことはありません。